工場紹介

FACTORY

『萬寿のしずく』は発酵から充填まですべての製造過程が自社で行われています。
長年培われてきた熟練の経験と技に、 最新鋭の設備とテクノロジーを組み合わせ、
一つ一つの工程を大事にしながら『萬寿のしずく』は作られます。
また、 お客さまに常に安心して商品をご利用いただるよう、
HACCPの食品衛生管理手法を元にした国際規格1S022000に則り、
食品安全マネジメントシステムを構築・運用しています。

青パパイヤから生まれた発酵飲料
『萬寿のしずく』

『萬寿のしずく』は、自社農場で栽培した青パパイヤをはじめ、玄米、米ぬか、こんぶ、もずくの厳選した国産素材を原材料に、有用微生物の力で半年間5段階発酵を行い、さらに1年以上の時間をかけて熟成。微生物がのびのびと最大限に活躍できるよう大切に見守りながら発酵を繰り返し、琥珀色の健康成分が生まれます。最後は、 徹底的に衛生管理された自社工場で品質を損なうことないよう丁寧に充填。人の目での最終確認を加え、皆さまの元へと出荷されます。

  • 素材を大切に加工

    原料の青パパイヤはひとつひとつ手で洗い皮も丸ごと使って仕込みます。 玄米は粒を壊さないように丁寧に。素材を大切に扱いながら、その力を最大限に生かします。

  • 時間をかけて発酵・熟成

    仕込みを終えた原料は高さ17m、1本の容量が125tの大型タンクでじっくり発酵させます。 弊社独自の技術からなる5段階の発酵と1年以上の熟成で健康成分を生成・抽出し、『萬寿のしずく』ができあがります。

  • こだわりのパッケージ

    萬寿のしずくの初期パッケージは海外で高く評価され、世界三大広告賞であるアメリカの「One Show Design」(2007年)パッケージデザイン部門で銅賞、「カンヌ国際広告祭」(2008年)のデザイン部門で銀賞を受賞。さらに歴史あるクリエイティブアワード「ロンドン・インターナショナル・アワーズ」(2007年)パッケージデザイン部門で金賞を受賞しました。